全身美人で目指せリア充女子!!

美肌は顔だけの問題ではない!!

 

美肌のスキンケアと聞くと顔ばかりに気を使いがちですが、私は美肌は顔だけの問題ではないと年齢を重ねていくごとに感じています。顔だけ熱心にスキンケアしても、メイクを仕上げてもVゾーンからのぞくデコルテがシミだらけだったり、髪をアップにしたときの首筋から背中にかけてニキビがあるようでは残念ですよね・・・。

 

本当の美肌とはからだ中すべての肌の状態に気を配り、手入れをしてはじめて手に入るものなのではないでしょうか??

 

また、美肌をつくるのはコスメの力だけではむずかしいです。たとえば運動をおこたっていると肌も代謝が衰えてくすみがちになりますし、新しいテクノロジーで開発された高価なコスメを使っていても、睡眠不足だったりバランスのかたよった食事をしていれば、やはり肌トラブルは起こってしまいます・・・。

 

とはいっても、美肌のために何かをがまんする必要はないかと思います。紫外線がお肌に悪影響を与えるのであれば、長袖、手袋、帽子でガードする、というのはお肌のためには大正解です。でも、私は気持ちいい天気の日には子供とおもいっきり公園で遊びたいですし、たまのバカンスでビーチにいった時には日傘に帽子、手袋できっちしっかりガードすると、なんだか窮屈に感じてしまい楽しさが半減しちゃう気がします・・・。

 

天候にあった日焼け止めさえ塗れば、アウトドアを楽しんでもいいのではないか、と思っちゃうんですよね(笑)最近では飲む日焼け止めサプリメントなんかもありますしおすすめですよ!!

 

「美肌のために人生がある」のではなく「人生のために、美肌がある」と本気で思っています。そんな思い出このサイトを立ち上げました!(笑)

 

美肌は顔だけの問題ではない。髪も、ボディも、全身まるごとのトータルビューティ、全身美肌をこのサイトに訪問してくれたみなさまと一緒に目指していきたい!そんな思いをこめて・・・。

 

「自分に自信を持ち、輝いてる女性は周囲も幸せにする。」とはよく言いますが、私もそうありたいと思います。心とからだはつながっています。キレイになることは、女性にとってより充実した人生を生きるための大切な要素なのではないでしょうか??

 

重要なのは、コスメだけではありません。美味しい食事、気持ちのいい運動、友人との楽しいひととき、ワクワクする恋愛やセックスなどなど・・・。女性ホルモンは別名「美肌ホルモン」と呼ばれるほどです。そういったものがあって初めて、全身美肌が成り立つのです。そして、全身美肌を目指していれば少しずつ、気持ちも上向きになって、あれがしたい、これがしたい、と意欲と自信が内側からどんどん湧き出てくるはずです!このサイトは、今の自分よりもっとキレイになりたい!もっと充実した人生が送りたい!と思ってる人女性のためのサイトになります。私の経験があなたの全身美肌につながれば幸いです^^


 

一口に肌と言っても、すべてのパーツが同じではありません。

 

顔とからだの肌には大きな違いがありますし、からだもパーツによってはその特徴や手入れ法は違ってきます。そこで、まずは、顔とからだの肌の違いについて説明したいと思います。顔とからだの肌を比べたときに、いちばんの大きな違いは「皮脂分泌量」になります。顔には皮脂が多く分泌していますが、からだで皮脂が比較的多く分泌しているのは、デコルテと背中のみになります。

 

あとは、汗腺の汗が中心になります。だから「ボディは顔よりも乾きやすい」といわれているのもごく当然のことなのです。

 

皮脂の分泌が少ないということは、皮脂膜もできにくい乾燥しやすくなりますから、ボディの洗い方には注意が必要になります。冬になると乾燥してあしが粉をふく、乾燥してかゆい、などはよく聞きますが、これは洗いすぎの場合がほとんどになります。また、皮脂は油溶性ですので、ソープで洗わなければなりませんが、汗は水溶性になります。

 

極端なことをいっちゃえば、からだはソープであらわずにシャンプーでさっさと洗い流す程度でも大丈夫なのです。それほどに皮脂の膜が失われやすいボディを、ソープをつけたタオルやスポンジでシャワーのたびにゴシゴシと洗ってしまっては、
乾燥してしまうのも当然です。摩擦刺激はからだを乾燥させる原因の大きな要因、ナイロンの垢すりタオルなどで毎日からだを洗っている方は要注意になります。必要な皮脂を奪ってしまう、熱すぎるシャワーも同様になります。

 

ソープで洗う必要があるのは、雑菌が繁殖しやすい足の指の間やデリケートゾーンだけになります。洗う時には、「ソープで手で泡立ててそっと洗う」程度で十分になります。

続きを読む≫ 2016/09/16 00:14:16

 

 

全身は1枚のつながった皮膚で覆われています。ですから、年齢を重ねたら、その影響が全身に現れるのは当然です。

 

そう思っていたら大間違いになります。ある調査によれば、30歳の女性のお尻のお肌と、60歳の女性のお尻のお肌を比べてみたところ、肌年齢はなんと一緒だったそうです。顔をみれば30歳の差は一目瞭然なのに、お尻の肌年齢は一緒というのは、どういうことでしょうか??

 

おもな理由は、紫外線にさらされているかどうかになります。同じ人の肌だからといって同じようにエイジングサインが現れるわけではなく、見た目年齢はさまざまになります。

 

ですので、顔のスキンケアをするときは、一度自分のお尻や二の腕の内側の肌と比べてみてください。顔と比べてきめ細やかな肌がそこに確かに存在しているはずです。顔の肌には本来、それくらいに白くキレイな状態になれるだけの実力があるのです。まずは肌の基本のメカニズムを知ることが大切になります。そこから、全身美肌の第一歩が始まるのです。

 

 

美肌のために必要な4つのポイント!

美肌のためには大きく分けて4つの必要なポイントがあります。

 

@正しいスキンケア
A適度な運動
Bバランスのよい食事
C質のよい睡眠

 

当たり前に聞こえると思いますが、特に必要なことはこの4つになります。顔のためにもボディのためにもこれを心がけてほしいのです。なので、はじめにこの4つのポイントについて解説していきたいと思います

続きを読む≫ 2016/09/16 00:03:16